板金塗装

板金作業風景

クイック・リペアの流れ その1

修理詳細

キズ・へこみが2箇所(写真では多少見にくいですが)確認できます。

修理作業

補修部分をパテ埋めし、下地処理します。

仕上げ

塗装をして、仕上げ磨きして出来上がり!
施工車両はトヨタ・イストです。
上記 小キズの補修で、金額は12,000円です。およそ半日程度の作業です。

クイック・リペアの流れ その2

修理詳細

大きな擦り傷です。(T T)

修理作業

補修部分をパテ埋めし、下地処理します。

仕上げ

塗装をして、仕上げ磨きして出来上がり(^^)w

①べた塗り板金

へこみに対して、パテのべた塗りをする方法です。
短期間で安価ですが、デメリットが多い板金方法です。

車体がへこんでいる状態というのは、本来成形された鉄がねじれている状態になります。こうなると当然鉄の強度が落ち、その周辺ももろくなります。(ワンボックス等なら尚更です)

再び同じ箇所またはその周辺をぶつけてしまった時の被害が大きくなってしまう可能性があります。
それでもとにかく安価に、手軽にという事であれば、この板金方法でも良いと思います。

②ある程度板金+パテ埋め

いわゆるクイックリペアと言われている種類になります。

この方法が最もスタンダードな板金方法で、ディーラーの下請けや町の修理屋さんが採用している事が多いです。
①の方法と比較すると、納期も価格も割高になりますが、その分強度もある程度あり、目立ちづらくなります。
ただ、やはり完全に鉄が戻っているわけではないので、何回もぶつけてしまうと危険な事には変わりありません。
それでもとにかく安価に手軽にということであれば

③全叩き板金

叩きのみで鉄を修復する方法です。
鉄も元の形に戻るので、強度が落ちません。
ただ、手間と技術が必要なので、現在採用している修理屋さんはほとんどありません。
アタック板金では、全叩き+無駄な脱着を行いませんので、上記の①よりも低価格かつ②よりも強度の高い修理を実現しています。

  • 車検料金
  • アクセス
  • 修理施工例
  • アタック板金
  • 板金屋のブログ
  • アタック車検フェイスブック